メニュー

帯状疱疹

帯状疱疹

皮膚の深いところにある神経の節の所に長く潜んでいた水痘のウイルスが、免疫力の低下や過度のストレス状況などにより再活性化し、皮膚に水疱や赤みのあるぷつぷつを作ります。

腎臓の機能の程度によって飲み薬の量を調節する必要があり、お手持ちの健康診断時の血液データをご持参ください。

また、ズキズキするような皮膚の深いところでの痛みを数ヵ月後から感じることもありますので痛みが出てこないような治療も重要になります。帯状疱疹にかかってから、約2ヶ月の通院による経過観察をお勧めしています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME