メニュー

水虫(足白癬・足爪白癬)

水虫白癬菌というカビの一種が足の皮膚に入り込んで生じる病気で趾間型・小水疱型・角質増殖型に分類されそれぞれが症状が異なり、かゆみのない場合もあります。

また、かぶれ・掌蹠膿疱症等の別の病気と同時に存在することもありますので診察時に白癬菌を顕微鏡で確認するだけでなく、今までの治療薬を確認できるように薬手帳を持参していただくことが必要です。

水虫の治療について

治療は一般的な生活習慣の改善のみならず、皮膚のじくじく・かゆみなどの症状のある部位を一旦、ステロイドの塗り薬で落ち着かせる必要があるため、落ち着くまでは定期的な通院が必要になります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME