メニュー

金属アレルギー

金属アレルギーによる皮膚(粘膜)の病変には金属が接触して起こる接触皮膚炎(かぶれ)と直接接触しないで病変をつくるものがあります。 
金属かぶれのうち、よく見られるのはピアスなどに含まれるニッケル、スズなどですが、直接接触しないで病変を作る金属は歯科金属に含まれるパラジウム、イリジウムや食べ物・タバコに多く含まれるクロム、ニッケルなど多岐にわたります。

症状も

  • 全身に出るアトピー性皮膚炎様の皮疹タイプ
  • 手足に小さい水疱が無数に出る汗疱タイプ
  • 手足の膿を持ったぷつぷつとしたふくらみを持つ掌せき膿疱症のタイプ

と多岐にわたります。 

当クリニックでは金属アレルギーの診断のために金属イオンを左上腕の内側に貼るパッチテストを積極的にお勧めしており、火曜日と木曜日にテストをスタートすることができます。判定日は火曜日スタートの場合は木曜日、金曜日、次週月曜日に、また木曜日スタートの場合は土曜日、月曜日、木曜日に判定予定となりますので入院は必要無いですが定期的な来院が必要になります。

入浴は可能ですが、パッチを貼っている部位は金属イオンの液体を貼ってから3日間は濡らす事はできませんのでご注意ください。抗アレルギー薬のようにアレルギーを抑えるお薬などを飲んでいらっしゃる場合は、一旦飲み薬を中断する必要がありますので事前にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME